Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
絵は作家をかたる
藤田嗣治の作品の調査を記した本をいただいた。パリの日本館での修復、調査結果も含むものだ。藤田ファンのみならず、非常に興味深い文献だ。
フジタは希代の作家だ。このフジタによらず多くの作家はアトリエでさまざまな実験を試みるだろう。我々も様々な光学調査よろしく検査を繰り返す。先日、亡くなられた作家の方のアトリエに、美術館の学芸の方とお邪魔したおりに「具象」で有名なこの大家には珍しい抽象的な表現の作品を発見した。まぎれもなく同じ作家が描いた物のようだが、めずらしい。「やはり、いろいろ描いているんですね…」そんな会話を交わした。我々は、いろいろな調査結果に、ついつい先回りして結果を予想したくなる。しかし描き続ける作家には、必然的な表現の理由が必ずあるのではないか。作家には、そこにたどり着くまでに、いろいろな試行錯誤の中、さまざまな景色が現れるのだろう。事実を調査する我々もあれこれと想像を巡らし、ようやく素顔の作品をわかりかけたとき、まさに絵が自然に近づいて見えてくるのだろう。科学的な調査の結果やデータ、それは、作家の目指す景色への必然的な積み重ねによるものだったと、その時ようやく理解できるのかも!?しれない…。(Yoshin)
f0223981_0174791.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-23 12:34
<< 休日のたのしみ はるの色 >>