Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 4 「板は狂う?」
ブログでは、絵画の支持体についていろいろと話しています。今回は木製の板についてちょっとアドヴァイス。板絵の反りや歪みは、たまにあります。皆さんも経験があるあると思います。長い時間に大きく狂った、反り上がった板は修正も難しい。板を樹から切り出す際の場所に寄って狂いやすい所と狂いが来にくい場所等ありますね。また、一般的には環境、温度や湿度も大きく関係してきます。「板絵が反ってしまいまして…」と時々お問い合わせもいただきます。その対処にはいろいろありますが、簡単ではありません。あっという間に反ってしまう事もあり、また、あっという間に狂いがもとに戻ってくる事もあります。とりあえず、新しく購入した作品等がみるみる反ってしまった場合は、あわてずに、おちついて様子を観る事も大切です。温度湿度の度変動の少ない部屋を用意してちょっと「様子をみる」ということもかなりの秘訣。本格的な対処には、修復工房にご相談ください。
*板の反りに関わらず、事故や急激な作品の変化には、ついつい何かをしてしまいそうになりますね。その初期の対応が、その後の修復の出来映えさえも大きく左右してしまうこともありますから、くれぐれも手は下さず、工房へお持ちください。(Isamu)f0223981_142648.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-04-06 14:26
<< 「和洋折衷」 油彩画のコンディション観察講座... >>