Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 6 「ホームメイド」
この観察講座では、たわいない話から本格的な観察まで、いろいろとお話ししています。まずは、支持体の観察からということで、キャンバスや板の話をしています。今日はキャンバスの種類についてお話しします。種類、要するに材質や出どころといったところが様々です。いまスタジオに保管しているキャンバスの中には、市販品、ようするにお店で買ったキャンバスや、または作家の方の手作りの、繻子おり、綾織りなど様々です、市販品は平織りが多いのでしょうか。また化繊のキャンバスもあるでしょう。それに対してホームメイド、作家によって作られたキャンバスですね、それはというと、やはり同じような物があります。要するに、好きな布で作られています。しかも、細かい目の物、荒いものなど。自分の技法に合わせて選んでいます。木枠を作り、好きな布を張り込みます。作家によっては、木枠や板にのり付けしてしまう人もいます。また、地塗りなどしない場合もあります。それは側面(マージン部分)を観てみると塗料が塗ってありません。側面には塗らない人もいますけどね。制作の方向性は材料に反映されているようです。キャンバスを観ることで、作家の趣向、制作の意図また、こだわりの程度も垣間みることができます。それは地塗りとも密接に関係している場合もあります。あのフジタだって細かい目数のキャンバスにミルキーな地塗りを施し、その滑らかな肌理のキャンバスにこそ、糸を引くような細かい線描写が生きるというものです。他の巨匠も。キャンバスを観ることで画家の意思さえも感じられそうだ。そんなこといろいろ考えていると、キャンバスだけでもいつまでも観ていたくなります。お宅にある作品の側面、裏面を観てみましょう。きっと何かがわかるはず?。(Yoshin)f0223981_21274461.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-04-14 21:28
<< 油彩画のコンディション観察講... エックス線撮影に >>