Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 7 「どっちが支持体??…」
今、ブログで油彩画の支持体の話をしています。あまり脈絡はないですが、スタジオで目についたこと、気がついた話を、とりとめもなく話しています。支持体は地塗りや、絵具の層を支えるための大切な構造物です。安定した支持体、強い麻布や板は、そこに密接に関係している地塗り層や、絵具層も安定させるといえるでしょう。その昔、オールドマスターの描いた傑作は、そのような意味でもこの複合物である絵画をみごとに作り上げていたようです。でも近年、分厚く厚塗りされた絵具、たっぷり盛られたインパストなど、支持体の麻布より重く、重厚な絵具の盛られた作品も沢山あります。ちょっと昔、ニコラドスタールの展覧会で驚くほど厚く塗られた絵具を観たことがあります。いまでも目に焼き付いています。いったいどちらが支持しているのか?分からなくなるような絵画。しかし、支持体とのバランスが悪い絵画は、傷んでくるのも早いようです。よけいに重ければ重力でカンバスにも負担がかかります。どんなに「特別」な処方箋で作られた高級な絵具、発色よく、亀裂を起こしにくい〜といった「謳い文句」の絵具でも全体のバランスが悪いと絵具として機能しません。常に支持体、地塗り、絵具などが影響し合って何かの症状起こることが多いようです。写真は、分厚く塗り込められた画面に発生した絵具の浮き上がり。浮き上がろうとする力で支持体を歪めています。凄い力です。麻布は、支える力を失っています。
でも、当たり前な話ではありますが、物理的な「優等生」が、必ずしも「すばらしい絵画」ではありません。絵の出来上がり方は色々ですよね。とても傷みの激しい傑作もたくさん!ありますからね。(Yoshin)f0223981_22575768.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-04-16 23:05
<< 「本物の味」 油彩画のコンディション観察講座... >>