Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 13 「幼い巨匠3/あなたも見えない世界〜赤外線では?何が見える??」
さて今日はこの幼い巨匠の肖像「幼児像」を赤外線写真で観てみましょう。
今回アップした写真、向かって右が普通の白黒写真、左が赤外線写真。白黒写真と対比して観察することで、なにが浮かび上がっているのかを把握します。ちょっとみたところ、不自然なものは映っていませんね。奇麗な画像です。赤外線は紫外線が表面の吸収反射であるのに対して、やや内部まで電磁波が入って、吸収や反射を映し出したりすることがあります。炭素を吸収するの性質から下描きの線を捉えたりする場合なども。奇麗な画像といいいましたが、ようするには脱線していることがなく、描き直しみたいなところもない。この写真、よく見ると、いろいろなものが見えてきます。とりあえず、一つ、幼児の傍らの日本人形の襟の輪郭、また人形の足袋と、座敷犬の襟巻きに、きちっとした輪郭が浮かび上がっていますね。予め下描きをして、その上をナゾルように描いているようにも見えます。また、描写の最終段階で、縁取るようにかたちを決めていることもあるでしょう。要するに、慎重に形態を画面に納めています。たぶんすべての部分において、このような進め方をしているのでしょう。構図にしても、事前に計算して画面の割り振りを構成していたと考えられます。何気ないちょっとした下素描、または線描写ですが、このちょっとした表情が、作画の性質を表していますね。光学調査では、このような些細な事柄が発見できれば万々歳です。この小さな写真では観えないかな〜?今日はここまで、次回はX線を観てみましょう。(Yoshin)
f0223981_10285261.jpgf0223981_10293569.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-05-18 09:00
<< ゴーストアパート 油彩画のコンディション観察講座... >>