Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 14 「幼い巨匠4/あなたも見えない世界〜エックス線??」
さて、今日はいよいよX線での観察です。画面の下の方がかなり壊れちゃっているのが分かりますね。赤外線画像での観察では、作画の手順や手がかりが垣間見えましたね。X線ではどうでしょう。赤外線で観た「奇麗な」と表現した形態の把握の痕跡がありましたが、X線でもやはりそのような画像が得られました。描き直しや構図に迷いがないといっていい、小気味よい筆触が現れています。それにどうでしょう。何となく白黒写真のように、幼子の表情までも伺うことができます。これは、光を受けた陰影の表情を的確に表しているとい言うことができるでしょう。そうそう、すべてにおいて、けっこう的確なのです。やあ〜、黒田さんなら当たり前。という感じです。なんと言ってもモノホンの黒田清輝ですから。私は正直、本物とか、誰が描いたとかは、あまり興味がないです。ちょっと不謹慎かなあ。なにをいいたいかというとですね、やはりこの時代、この作品の経年の状態からするその昔、いや今の時代だとしても、このような描写や画面の構図に納めるのはけっして素人ではないよということ、ですね。座布団の端にある写真、これも座布団を描き、その上にちょんと置いてます。この場所に必要だったことが分かります。座敷犬の位地や、人形入れ方、これなんて、あのマンテーニャの「死せるキリスト」を思わせるじゃないですか。ちょっと逆パースでね。ここらあたりは、上手に形態を連ねています。やはりこの人、かなりの「手練」といえます。背景の文机もね、きっちりあるべきところに納めてます。当時では、相応の美術教育を受けた人といえますよ。。そう、あの黒田清輝の作品といわれていますから。。。。次回は最後にサイン、署名をお目にかけます。(Yoshin)f0223981_23522771.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-05-25 23:54
<< 油彩画のコンディション観察講... ☆写真の学会 >>