人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
我が国の美術品・保存と修復に関しての提言(3)
環境に気を配る事、作品の保管中の環境を整える事と同時に、展示する場合の展示期間を短くしたり、紫外線源になる窓や蛍光灯に紫外線カットフィルターを取り付けたりすることが賢明です。さらに、自動車や工場の排気ガス、タバコの煙などを遠ざけ、有害ガスを発生する素材の額縁や梱包、内装の室内の中に置かないようにしたいものです。有毒ガスによって材質が変質したりする恐れもあります。

ところで物質の劣化には経年劣化に加え、化学的な作用による変質や、物理的に変化していく傷みなどに加え、生物的な被害、いわゆるカビ、虫、ネズミなどの発生にも気を配る必要があります。特に我が国で、常に問題視されているのは、カビの発生による被害と言えます。大切にしまっておいたはずの美術品が、気がついてみるとビッシリとカビが生えていた、また紙や絹に描かれた作品に、点状の染みが発生したなど私共の工房にも、毎年、必ず報告や修理の依頼があります。燻蒸により、菌体を殺菌する方法をはじめ、現代では修復にもさまざまな手法、技術がありますが、起きてしまった現象を技術で克服するより、なるべくカビの発生しない環境をつくることがなによりも大切です。それは、修復技術にもリスクや危険も沢山あるからです。転ばぬ先の杖、環境や設備、またそれら美術品や状態を熟知したスタッフに管理されることが、なによりも美術品を守ることにつながります。
by tcstudio10 | 2010-10-29 11:02
<< タイルにアート 額の修理のご依頼は >>