人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
我が国の美術品・保存と修復に関しての提言(5)
いろいろとお話ししてきました。それでは次に、設備や環境について、具体的にもう少し考察してみたいと思います。日本国内外、災害はいつ牙をむいてわれわれはもとより、文化財にも襲いかかるかわかりません。地震や火災、洪水などに対処する環境設備を整えることは必須です。免震装置の導入、消火設備の設置、地形や土地の洪水歴の確認などを行います。また事故が、空調や消火用スプリンクラーの故障、水道管の破裂などによって起こることもあります。災害時の関係者の行動プランを専門家とともに立てておくことが必要です。
最後に、人災に関して触れてみようと思います。不適切な取り扱いは、美術品に甚大な損傷を与えるということです。まずは、額装品などは、手袋を着用して取り扱います。特に、軸物と屏風は構造上、画面に全く何も接触させずに取り扱うことはできません。絵具の摩耗や剥落を防止するために、特に日本画には必ず東洋美術品の取り扱いに習熟した専門のスタッフが行なわなくてはなりません。さらに作品を搬送する必要がある場合は、美術品専門の業者に依頼します。これらを怠ると、美術品に大きな被害を与えてしまいかねません。......
by tcstudio10 | 2010-11-09 11:15
<< 我が国の美術品・保存と修復に... 我が国の美術品・保存と修復に関... >>