人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
よみがえる 額縁/繁二郎の額その2
今日は、修理後の額をお見せしたいです。欠損した部分は型を取り、充填して整形です。オリジナルと同じような箔の雰囲気を出すのが非常に難しい。しかし、作品にはとてもお似合いの、今時には見かけない、古いタイプのすてきな額です。たぶん坂本先生は海の向こうで見つけたものなのでしょう。裏面には文字も書かれています。ご本人がご自身の作品のために設えた額なのではないでしょうか。そうなると作品とセットといっても過言ではありませんね。今では重たい雰囲気のフレームだけど、作品の重さに匹敵しています。この修理は、スタジオのフレームセクション担当のSeiさんの仕事です。必殺の古色仕上げが冴えている。なかなかいい腕です。よく直したというか、よく戻したって感じですね、これ。持ち主のコレクターの方もかなり喜んで、驚かれてました。昨今、額を新調するケースも少なくありません。そのほうがいい場合も、もちろんあります。でも今回は、作家が選んだ額と当時の作品の佇まいがよみがえり、想像が膨らみます。よみがえる名画、よみがえる時代。保存修復は絵だけを奇麗にしても駄目。全体感、トータルな審美眼が実にたいせつ。次回、いよいよ蘇った「作品」をお目にかけられるかなあ?!(Isamu)
よみがえる 額縁/繁二郎の額その2_f0223981_23404423.jpg
よみがえる 額縁/繁二郎の額その2_f0223981_23401871.jpgよみがえる 額縁/繁二郎の額その2_f0223981_2340274.jpg
よみがえる 額縁/繁二郎の額その2_f0223981_23394469.jpg

by tcstudio10 | 2011-02-23 23:50
<< 長谷川春子/源氏物語「灯かげ」修復後 額縁もともに/ケーススタディ >>