人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
白濁する接着剤の物語
だんだん暑くなりますね^。さて最近、ポリビニールアルコールの接着剤に関していろいろと目にします。というか問題になっているようです。先日の学会でも、かなり話題になりました。その後、新聞でも見かけました。使用後に白くなる。絵具が浮上がる等。またそれを酵素でリムーブする方法も紹介されていました。はてさて、たいへん。過去に施された日本の文化財に異変が起きている。いまPVAは白い目で見られるようになってしまいました。かつてはワックスの使用に関してもいろいろと言われましたね。そこで新しい情報には耳を傾ける。多くの研究者の方々の話は傾聴に値する。そんな提言があるからこそわれわもの現場ではいろいろな選択肢が増える。ありがたいことです。
しかし、ここにきても、万能な接着剤って無いんでしょうね。如何なる糊にも確実性は無いと言えるのでは?接着剤の有効な部分を上手に利用する。天然膠やふのりなど、経年変化のなかで馴染みのある物はいいけれど、新しいものは特に時間が経ったら何がおきるか分からない。劣化の実験はしても推定の度合いは難しい。だから我々は、画面に糊を残すな!と習いましたね。また可逆性、そう、使用した物を如何にして取り除く事が可能かどうかを確認して適用する。テストですね。合成糊はいかにも変色しそうです。というか新しく登場した糊やニス等、完璧に信頼してはどう考えても危険でしょうね。どんなにいい人でも、付き合いの浅い人には完全に信頼しきれないし頼り切れない。古い付き合いの友人は多くの経験を共有している。だから何がおきても対応が出来る。新しい樹脂や糊には、これは変色しない、変化しにくいとは言われても、何かがおきる可能性を視野に入れれば、長所を生かしつつも、想像力を働かせ、危険な部分も鑑み、それなりに活かして使用するような技術が適用されるべきですね。簡単に言えば、画面の表面には、容易に使用しない。絵具の裏や、隙間に使う。それでも使う。だって、新しいものにはいいところもありますからね。
糊は両刃の剣と言えます。いいといわれれば飛びつき、悪いと言われれば突き放す。それでは技術者として大人げないですよね。糊も可愛そう。糊を追いつめることと同時に、材料とともにある、我々の修復技術も常に点検するべきなんでしょうね。(Yoshin)
by tcstudio10 | 2011-06-30 11:22
<< 紫禁城で食事 エンドレスリタッチ >>