Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歴史迷宮解/毎日新聞〜学会発表の余波4
弊社工房の今年の文化財保存修復学会の発表では、日中戦争の舞台となった南京の城門を描いた「弾痕光華門外」(住友資料館所蔵)という作者不詳の作品をテーマに研究発表をおこないました。私どもの研究発表(HPのPDF参照)の後、さらに新聞社の協力、また東京文化財研究所の研究を得て、調査は発表後も続き、さまざまな事実が判明しました。事実とともにこの作品の中に描かれた「光と影」が明らかにすることができました。いわゆる戦争画には、従軍画家をはじめ、多くの画家たちが戦争を描きました。その中には、記録や描写、さらには想像交えた激戦の光景など、画家が試行錯誤、挑戦したであろういろいろな絵画表現をみることが出来ます。南京では、すでになくなってしまったこの光華門、この作品は、当代の代弁者として静かにその歴史の風景を語っています。
弊社HPでは文化財保存修復学会 第33回大会時に発表した原稿をPDFで観て頂けるようになっております。また近々、簡単なものではありますが、「追記」として発表前後に知ることができた事実を踏まえ、総括の原稿を発表致します。
*写真は毎日新聞今朝の朝刊より〜
絵画保存修復事業部より
f0223981_1028686.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-08-24 10:28
<< New! PDF更新「弾痕光華... 修復室よりご案内/TC Con... >>