人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「埋もれそうな戦争画」学会発表の余波
スタジオで研究対象となり、文化財保存修復学会で発表した「弾痕光華門外」(作者不詳;住友資料館所蔵作品)。日中戦争の舞台を描いた作品だ。この作品の確認と、作品に描かれた表現を巡り学会発表に踏み切った。これが毎日新聞の記者の方の目にとまり、4回にわたるコラム記事を書いて頂きました。毎回興味深い内容でした。今回は四回目で最終。作品の作者に迫り、石川寅治とリンクする不思議を記述されている。この作品には、明らかに違和感のある国四郎という署名がされている。日中戦争の始まる前年には亡くなられた満谷国四郎の署名ということなのだろう。明らかに傍らに書かれた「弾痕光華門外」とは字体が異なりどうみても異質。周囲には何かを塗りつぶした痕跡もあり、紫外線の蛍光反応も塗りつぶしを示す反応がある。もう!なにをかいわんや!!何でこのような稚拙な仕業をするのだろうか。情けない!それはおいといて、コラムには、当時の従軍画家たちのさまざまな状況や、戦争絵画のタイプが言及されている。戦争を目の前に、画家たちはさまざまな思いで表現したのだろうが、激しい戦闘場面の記録というより、望まれる表現とは別に淋しげな、ありのままを描いた作品がまだまだ埋もれているに違いない。作家たちの絵に籠る想いを残すため、また同時代を語り継ぐ貴重な昭和の文化財として、巷に眠る近代戦争史に関わる「埋もれそうな戦争画」の研究を、こだわりながら小さな工房で、微力ながら続けたいと思っています。修復室長より
「埋もれそうな戦争画」学会発表の余波_f0223981_16431793.jpg

by tcstudio10 | 2011-10-28 17:00
<< 芸術の保存!?ボックス!!乞うご期待 銀座にて >>