Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
松山出張物語7;剥落止めと画面洗浄
さて今日は調査も終わり「鯉」のほうでは画面のクリーニングと「石槌山」の方では細かい亀裂と浮き上がりを接着する作業が始まっています。剥落止めは私とスケさん、「鯉」の洗浄は室長が担当し、作業がどんどん進んでいます。もの凄い集中力発揮。広報担当のスケさんは、今回撮影と調査に専念していましたが、剥落止めも手伝うことに。しかしこの「石槌山」のコンディションかなりよくないですね。おまけに過去に修復された跡もある。補彩ですね。しかしはたしてこの古い補彩を除去している時間があるのでしょうか。「ねえ室長?」どうしますか。古い補彩という加筆という印象のこの彩色。剥落した所に、糊かわりに塗っているようですね。よくありますね、こういうの。よくありません。糊にもならないし、補彩ともいえない。皆さんも気をつけましょう。Shigeoより
f0223981_21114875.jpg
f0223981_21112992.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-17 21:15
<< 松山出張物語8;新聞取材 今治マフラー >>