Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年の発表は去年に引き続き。
震災から一年以上が経過し、今年ももう6月。例年通り文化財保存修復学会の季節がもうじきやってきます。ことしも私どものスタジオでも小さな発表を計画しています。ここのところTokyo Conservationの研究テーマの一つになっている先の戦時中に描かれ、人目に触れずに壊れかかっている作品を修復し、後世に伝えようという小さなプロジェクトです。学会ではその場をお借りして、これらの作品の発表の場にさせて頂いております。第二次大戦、戦争を実際に体験した世代の方々がすこしづつ少なくなって来ている昨今、その当時を映し出したビジュアルによる資料はたいへん貴重なものになりつつあります。まさにその当時描かれた作品は時代の証言者と言えるでしょう。私たちは、戦争を経験し、燃えてゆく東京の炎を実際に記憶する親や祖父母を持っていました。私たちもまだ大戦は絵空事でない世代ですが、小学生の息子の担任の先生は新卒の先生だったりするとどのような形で話が伝えられていくのだろうと、いろいろな意味で不安に感じたりもします。そう考えると、その当代に生きた人々によって描かれた絵画や写真の役割は小さくありません。そんな想いから民間に埋もれて残された数少ない作品たちに「戸籍」をつけるようなかたちで発表を続けてきました。長谷川春子「少婦国防」、作者不詳「弾痕光華門外」に続き、今年は明治、大正、昭和と活躍した吉田博の作品の発表となりました。この画家は実際に従軍した画家でもあります。ご遺族のお宅にて大量に保管され人知れず眠っていました。中には非常に状態の悪い物もあります。それらを修復し、同時にこの希代の風景画家の絵画技法の考察もおこないました。絵画のみならず写真も数多く撮影した吉田博の絵画と資料の発表です。(写真は吉田博撮影/ご遺族よりお借りした資料より)TC
f0223981_10313968.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2012-05-10 10:33
<< ART KEEPER 1〜保存... 連休の業務状況 >>