Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
具体の絵具
国立新美術館で開催の「具体」展に行きました。これだけ多くのまとまった具体の作品を東京でみられるのは珍しい。東京でも個々の作家、松谷武判さん、上前智祐さんなどは時折作品を拝見しました。お二人とも、現役でバリバリ制作しておられる事と思います。松谷さん上前さんの作品は大好きだ。上前さんはもう90才を超えておられるのではないか。つい数年前、何度かお会いした。作品もだが、その作品のための額縁までご自身で制作しておられる。細かい仕事だ。上前さんの作品を調査したことがあるが、はじめて観たときはちょっと驚いた。いったいぜんたいこの作品どうやって描いたのか。しかしよく観ると絵具のチューブを解体して、チューブと蓋が貼付けてある。その上に絵具が塗ってある。不思議な技法でした。一見しては簡単に分からない、そんな既存には無い特異な世界だった。(下の黄色い作品;これは展示はされてませんでしたが)その後数点拝見しました。点状に積み上げられた絵具には「描いている」という印象は無く、絵具を置いているといった感じでした。今回の展示で、具体の精神今までにないものを作れ!という吉原治良さんの精神が、絵具にも乗り移っているという印象。具体の色材は、油絵具、エナメルやワニス、ハウスペイントなどさまざまだ。経年によってかなり傷んでもいる作品も。保存修復的には、多彩な技法で描かれた分、多彩な症状も今後考えられるかもしれません。経年により少々汚れた作品もありましたね。ホコリは怖いですね。この貴重な作品群。おいそれと修復しないまでも清潔に保管するがことが大切ですね。Yoshinf0223981_144338.jpg
f0223981_14423012.jpg
f0223981_14421166.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2012-09-06 14:46
<< ノートンギャラリーにて 「アッパーイーストの『LOWY』」 >>