Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
夏期休業のお知らせ
at 2017-08-10 13:21
新年あけましておめでとうござ..
at 2017-01-06 17:13
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
尊厳の藝術展―The Art of Gaman―
終わってしまった展覧会のご紹介ですが、近年めずらしいく興味深い展示でした。尊厳の藝術展.東京藝術大学大学美術館にて。これは太平洋戦争中アメリカ西部で強制収容された日系人が制作した美術工芸品を集めた展覧会でした。プロの画家や芸術家の作品展ではないけれど、心の残るとても印象深い作品展でした。不遇な時代に生きた先人の日系の方々が残した文字通り心のこもった魂の作品です。その物の造り様が観る我々の心をとらえるのです。物造り、創作の基本といえるでしょう。作者不詳の物も多々ありますが、よくぞここまで保管されていたと感心します。後世に残すべき作品ですね。
弊社でも扱わせて頂きました作者不詳「弾痕光華門外」長谷川春子「小婦国防」なども同様、戦時中に創作された作品にはそれぞれ今の時代に生きる我々には計り知れない物語があります。稀少な展示、―The Art of Gaman―心を打つ発表でした。f0223981_1014258.jpgf0223981_1012755.jpg
f0223981_9595339.jpg
〜TAMAKI
[PR]
by tcstudio10 | 2012-12-11 10:04
<< 張り子の額 横浜パシフィコで開催中! >>