人気ブログランキング |
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
四国で講演
at 2019-02-12 16:54
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
張り子の額
修復の作品とともにスタジオに運ばれる額縁。ごく簡単なものから、かなり凝ったものもある。作家がその審美眼によって選んだ額だとしたら貴重品ということができる。額は作品の付属品ととられがち。美術館でも新しいものと取り替えてしまうケースもある。しかし、我が国にも額の歴史があり、不思議な物も多々ある。今年、弊社スタジオで修復した額の中に、ちょっと変ったものがあった。その昔、大正12年の関東大震災後から昭和初期にかけて様々に開発された額縁の製造方法の中に「パルコン」と呼ばれる技法がある。見た目の美しさと容易な塗装技法で製造できるとされ、当時の職人の間では話題になったらしい。パルコン?て?「パルコン」が具体的にどのような技法であるか詳しい資料はなかなかみつからないが、「パルコン」の名が製紙に用いられる「パルプ」を基にしたと推測できる。また、当時から現在にまで続く日本における額縁製作は胡粉下地を用いるが、本額縁に用いられている方法が胡粉下地より簡単に作ることができる「張子」であることなど我が国独自の製法であるということらしい。持ってみると何か軽い。あの工芸品の張子の虎ならぬ張り子のフレームだ。ようするに紙で出来ている。でも観賞しているだけでは一体何で出来ているか分からない。当時はかなりモダンな物だったのだろう。ご自宅に飾られた額、もしかして不思議な技法で作られている物かもしれません。大切に保存してください。フレームセクション~Sei
張り子の額_f0223981_14533694.jpg

by tcstudio10 | 2012-12-20 14:57
<< 洋画の先駆者たち 尊厳の藝術展―The Art ... >>