Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座42「ベニアの表現と症状」
コンディション講座、最近はなかな掲載していません。毎日いろいろな症状見かけていますが、すべてはご紹介できないので、時々になっちゃいます。さて今回はベニア板つかった絵画の症状。ここ最近、たまたまスタジオには沢山の板絵が搬入されてきましたので。ベニアを支持体にという作家の方々もたくさんおられます。けっこう昔から有りますね、合板は。そういえば弊社では以前にベニアで描かれ、酷く傷んだ絵画の修復の方法を提案して学会でも発表したりしました。
写真でご紹介している作品は、ベニア板に直接描かれた油彩画です。描画する前にベニア板に直接白色の地塗りを塗り、それから描いています。このような作品は多いですが、板の酸化とともに地塗りも彩度が落ちてきます、絵具層だって少し暗く見えますね。また板が割れて来ても、絵具と密接であるがために修理もたいへんですね。またベニアはご存知のように数層の板が合わさって出来ていますね。その層間が剥がれて来たりすることもあるかもしれません。
一枚づつ層を剝がして修復する方法はとてもたいへん。そのような方法もありますが手間がかかります。簡単に使用できる反面、いろんなことも起きてくる可能性があります。だからといって使うのは止めましょうなんて野暮な事は言いません。
材料の選択は作家主導ですから。材質の劣化過程を知る事は大切だ。というだけのはなしです。
〜Yoshin
f0223981_1483182.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2013-01-18 14:09
<< 多摩川の美術館は ☆Tokyo Conserva... >>