Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自家製カンバス
洋画家、作家は制作のためのカンバスを画材店に買いに行く。絵具や筆を始め、キャンバスもお店で購入する人は少なくないはず。でも昔の人たち、特にお店で画材を買う時代ではないころの画家たちは自分でキャンバスを調達する。つまりみな自分で作るわけですよね。我が国の洋画の黎明期の作家たちもいろいろと工夫した事でしょう。写真は日本人作家で明治期にイタリアに留学し、油彩テンペラ、またフレスコなどの技法を学び日本へ持ち帰った画家のものです。この作品はテンペラ、いわゆる水性、油性の中間のエマルジョンの媒材によって描いた作品。画面の艶などテクスチャーもよく観ると油彩のそれとは少々違います。少しマットな印象ですね。よく観ると不思議?な布に描かれています。なんかカーテンとかテーブルクロスみたいな刺繍が見えます。自分の身の回りにある布を支持体に地塗りしたんですね。当時ここまでする日本人作家はあまりいませんでしたね。描く事に一生懸命でね。テンペラのような媒材には必然的な水性の地塗りは必要だったのでしょう。あれ、でもこれよく観ると、地塗りは紺色ですね。かなり凝った地塗りですよね。日本の明治期の作家の描いたもので自家製のカンバスに青い地塗りで描いた作品はあまり見た事が無いですね〜。積極的に自由に支持体や地塗りを選んで制作するとは当時としてはずいぶん進んだ人といえます。スタジオではこの作家の作品を大量に修復してるところです。ブログではこの作家をすこしづつ、紹介していきたいと思います。Yoshin
f0223981_10574115.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2013-02-06 10:59
<< バルビゾン派の画地 古い支持体の補強 >>