人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油絵の読み込み講座2:作品の裏面と画面に側光
黒田清輝が描いたと伝えられる「アネモネ」の観察。2回目の今日は、作品の裏面を観てみましょう。展覧会などではあまり観ることの出来ない作品の裏面。でも、その作品から多くの情報を得ることができます。ちょっと観ていきましょう。かなり褐色化したカンバス、麻布ですね。一見して著しく酸化も進んでいる事が分かります。上の方には、二カ所に何か貼付けられていますね。麻布の損傷を補っているものである可能性があります。また木枠もかなり古いものである事が分かります。経年を推定してもやはり100年前後という見方も出来ます。木枠には様々なスタイルがあり、それによって作家との関係も明らかになることもありますが、生涯を通して画家は様々な材料に出会いそれを使用しますからね。さて、ちょっと表も観てみましょう。今度は側光線、または斜光なんと言う言い方もしますが、横からの光によって様々な作品の状況、技法など知ることができます。裏面に貼られた補強用と観られるテープ部分を画面から観ると少し歪んでいるのも分かります。また、平面であるはずのキャンバスもかなり歪んでいる事がわかります。キャンバスは湿度の変化などにより伸縮を繰り返します。この作品もちょっと弛んでいる事が分かりますよね。また過去に修理されて箇所も確認できました。次回はUVいわゆる紫外線蛍光観察をご一緒に。~Toshin
油絵の読み込み講座2:作品の裏面と画面に側光_f0223981_10464013.jpg

油絵の読み込み講座2:作品の裏面と画面に側光_f0223981_10473169.jpg

by tcstudio10 | 2013-06-10 10:51
<< 宇都宮で観た万華鏡は。。栃木県... 油絵の読み込み講座1:自然の光... >>