人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世にも不思議な絵画…
私どもの工房では様々な箇所に絵画調査、コンディションチェックなど赴きます。いろいろな方々の絵画と出合います。日本画、油彩画、版画、素描や水彩画など、またコンテンポラリーなもの。新しいもの、斬新な物はかえってなるほど!、とうなずくような材料だったり、驚きつつも良く理解できます。逆に古い絵画ではどうだろう。昔の人々は自然に、必然性のあるモノ造り、材料の進化や必要性に応じた絵画が成立して来たと言っても過言ではないでしょう。前置きが長くなりましたが、写真でご覧頂いているような絵が以前に搬入されてきました。なんか普通の絵画。何か変った物に描かれている。なんだろう?他では観た事が無い。その昔、絵画はキャンバスだけでなくご存知のように板絵や金属、銅板なんかにも描かれました。絹や麻、綿や合成の繊維など。しかしこの作品は薄い板のようなも物にかかれ、裏側にはなにやら黒い紙片のような物が付着している。一件プラスチックかと思いましたが、よく観ると年輪のような繊維があり、象牙のようだ。しかも裏に貼られた紙?は紙ではなく銀箔のようだ。なんだこれ?ある文献に寄ると、象牙の指示体技法として成立した方法らしい。裏側に貼られた箔は、日本画の裏箔技法ではないが、それなりの効果が表れていた様子。効果とは、肌の色味などを奇麗に見せる手法だったようだ。経年により黒変してしまっているが。コンディションは過去に修理の痕、補彩などは施されているが、すっかり変色している。そこで工房で修復する運びとなったが、諸々の事情により修復はされず、そのまま工房を後に。いまとなってはかなり珍しい出会いでしたよ。一期一会ですね。不思議な洋画、もう少し研究してみたかったですね。Isamu
世にも不思議な絵画…_f0223981_1332657.jpg

by tcstudio10 | 2013-09-24 13:33
<< 油彩画のコンディション観察講座... アートと資料の保存。 >>