Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
絹本・日本画のシミ
写真は絹本に発生したファクシング、いわゆるシミですね。スタジオでは現在日本画の修復を承っております。お預かりした作品にかならずといっていい症状がいくつかありますが、やはり多いのがシミだと思います。日本画はその構造、パネル、軸、屏風、色紙など様々ですが、奇麗にしみを抜くにはやはりその構造を解体し、支持対のみに、たとえば和紙、絹本などの状態にしてからしみ抜きなどの処置をおこないます。そのような処方である程度、汚れ、染みを抜くことができますが、出来れば症状があまり進まなうちから工房にお問合せいただけるとたすかります。そのほうが安全であり作業の効率もいいです。なによりすこしでも費用が安く上がります。
暫く放っておいたり、毎日飾ってあるものは要注意。せっかくの日本画、焼けてしまったりカビの菌体に侵されてしまってからでは遅いです。ちょっと観察してくださいね。〜 asa.
f0223981_178316.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2013-10-16 17:10
<< 差し込み式保存箱とは〜「より良... !キャンバス用保存箱は本日より... >>