Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フレーム修理
スタジオでは時折、額縁の修復をしています。最近は比較的多く額の修理のご依頼があります。今手掛けているものは比較的新しいのです美術館でも一般のコレクターの場合でも、ふるい額を修理して使うというより、新調、つまり新しく買い直すことが少なくないでしょう。特に新しい部屋に飾る時、きたない額は嫌われます。作家と縁のある額はやはり保存しておいた方が良いでしょう。作家自身がその額を選んだ額の場合はなおさらですね。
ふるい額は第一に汚い。汚れがたっぷり付いていたり、酷く酸化してしまったりで、変色や変形も著しい物など。直すと行ってもかなり難しいものもありますが、大概のものは修理可能です。額が絵に触る、当たる箇所にはさまざまな工夫を凝らします。また、性能のいい材料で裏板を付け直す。もちろん汚れも除去し、磨きます。剥げた絵具は接着し、補彩も試みます。角部分の止めのキレてずれてしまった箇所も最大限に修理してキレイにしましょう。あまり酷く傷んでしまう前に工房にお持ちください。
年内はご予約でいっぱいですが。。Sei
f0223981_16112571.jpg
f0223981_1610512.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2013-12-03 16:15
<< 年内は 日光の美術館 >>