人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ある女性画家の作品調査
今週は昭和の時代に大活躍したある女性画家の作品の調査へ出かけた。場所は都内の某大学内。60点を上回る点数。明治の時代に生まれ、1900年代の初頭から活躍した方だ。同じ作家の作品を数多く見るというのは私にとっては楽しい調査だ。大正をまたぐ、昭和の時代に描かれた絵画には、冴えた色彩の中にも、まさに思考錯誤の画面造りが如実に現れている。以前、ある美術館の所蔵品、巨匠安井曾太郎画伯の作品の調査をした経緯がある。画面のかたちや構成の迷いが画面には現れていた。X線の調査によって迷いながら描いた痕跡を確認できた。そのような試行錯誤の中、描き直しながら描いた画面には厚塗りの絵具が盛られていることが多い。昭和の絵画には少なからずそのような厚塗りの様相を呈した傑作も少なくはない。今回も時代から推してさまざまなコンディションを想像したが、この作家の作品は古いもので、たしかにかなり汚れは見られたが、絵具自体の故障は少なかった。たしかにこの女性作家も線や形態を探しながらの試行錯誤、描いたり描き直したりという単なる描写ではない。でも全般に薄塗りだ。このケースはキャンバスの厚さ、強さに比して、絵具の盛りが適切だということが言えるだろうか。ちょっと抽象的な言い回しだがご勘弁。油彩画は、絵具その物だけでなく様々な物理的な要因で壊れてきたりする。日本の絵画、特に昭和の絵画は実に多彩だ。そんなことをあらためて感じた調査だった。~Yoshin
ある女性画家の作品調査_f0223981_15585088.jpg

by tcstudio10 | 2013-12-19 17:18
<< 新年あけましておめでとうございます。 年内は >>