Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
牛丼・海・どさんこラーメン
この数年真冬には、すっかり行かなくなりましたが、久しぶりに海に行きました。。冬眠から覚めた小太りのオヤジ三人で、朝早くから車に乗り、くだらない話しをしながら、お決まり牛丼を早朝から、ガッチリ食べ海に向けて走ります。今日の波は、スネ、セットモモという、スモールコンディションでしたが、冷たい海に3時間入り、物足りないながらも、久しぶりの海を楽しみました。(Sigeo)
f0223981_15233279.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-31 06:00
八王子ラーメン
週末にやっと、つけ麺を食べにいきました。カウンターに座りましたが、
いざ写真を撮ろうとしましたが、ちょっと恥ずかしかったです。
いきなりストロボが光り、響きわたるシャッター音で、ちょっと
微妙な感じの雰囲気。慌て撮ったので、スープの中にたまごや具が沈んでしまいました。
いつもこってりラーメンを好んで食べていますが、あっさり味のこのつけ麺は
なかなかいいです。幼いころからいろいろな種類のラーメン食べていますが、
行き着く所はやはり八王子ラーメン。刻みタマネギ、表面の油、また醤油ベースという
のがお約束なのです。(写真は、こってりつけそば大盛り750円)
詳しくは、八王子八麺会までアクセスしてください。
(Shigeo)f0223981_2246973.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-29 22:46
油彩画のコンディション観察講座 2 「怖い酸化」
ブログで、時折、洋画の状態の観察のコツをお伝えしています。コレクターの方々に取っては、ちょっと「怖い話」ですよね。お持ちの作品を一度ご自分でも確かめてみてください。わざわざ専門家に見せなくても、ある程度の予防や、対策の指針になります。洋画の状態からお伝えしていますが、版画や日本画、または額の状態等、順次お伝えできればと考えております。
まずは「洋画、油彩画」。そして支持体からです。支持体から絵具層やワニスに関する事など、ブログでお伝えできる範囲ですが進めていきたいです。支持体は絵を支えている部分。カンバスでいう、木枠や麻布、板絵でいう板の部分です。絵はその上に描かれていますから。ところが絵によっては支えているはずの布や板より絵具が分厚い作品もあります。絵具か、カンバスや板のどちらが支持体?か分からないようなケースもあります。
さて今日のケースは、酸化した麻布です。物質の酸化は免れません。仕方ないかもしれない。とくに絵は経年に寄って傷みます。写真の麻布は、50〜60年以上は経っているでしょう。指で簡単に破けるほどの強度になってしまいました。焦げ茶に変質した麻布です。さらにタックス、これは布を張り込んでいるクギですね、これも酸化して錆びています。錆びた物を放っておいていいはずがありません。やがて布地に影響を与え、布も破れてしまうかもしれません。酸化した麻布も、張りの緩みや木枠擦れなども招きます。このような症状を発見したら、まず要注意。(Yoshin)f0223981_10402668.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-29 10:41
油彩画のコンディション観察講座 1
このような状態を観たことがありますか?カンバスを裏返すと、紙やパッチが布の部分に貼ってあったり。多くは、カンバスの布地が破れていたり、裂けていたりした部分を補強するために貼ってあることが多くあります。また、画面からはわかりにくくても、このようなものが貼ってる場合は、画面に何か影響があると考えることが大切です。布の状態や、貼ってある紙にもよりますが、やがて多くは画面に印象を残します。剝がして、新しく処置し直した方がいい場合がほとんどです。f0223981_1653263.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-27 16:53
抹茶のムース?
アップした写真。抹茶のムース?え、違う。抹茶ロール?それともカビの生えたカスタードプリンかい?オエッツ。違います。これは絵具の試料、鼻くそほどの小さな絵具を顕微鏡で観察。その断層を観ています。いわゆるクロスセクション。断層には、絵を横から見る愉しみがあります。ここのところ沢山の試料を整理しています。こればっか観ていると頭が変になりそう?でもなく、病みつきになります。実体顕微鏡の世界へ。絵もね、デカくしてみると奇麗だったりおいしそうだったり、はたまた不気味だったりね。いろんな観賞に浸れます。(Isamu)
f0223981_18365915.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-25 18:39
今日このごろ
すっかり暖かくなって朝布団からでるのが苦でなくなってきた今日この頃。毎朝一時間ほどウォーキングしております〜 多摩は桜が多いのでこれからしばらく楽しみです〜(Asako)f0223981_22265222.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-24 21:45
休日のたのしみ
連休中、一般道も高速道路も大変な混雑。どこか遠くへ行きたい気持ちを慰めるべくちょっと優雅なティータイムを過した。甘くて美味しいイチゴのケーキと薫り高い紅茶で心の平安を取り戻す…。
そんな時間を持つことも大切だ。(Sei)f0223981_20352887.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-23 20:35
絵は作家をかたる
藤田嗣治の作品の調査を記した本をいただいた。パリの日本館での修復、調査結果も含むものだ。藤田ファンのみならず、非常に興味深い文献だ。
フジタは希代の作家だ。このフジタによらず多くの作家はアトリエでさまざまな実験を試みるだろう。我々も様々な光学調査よろしく検査を繰り返す。先日、亡くなられた作家の方のアトリエに、美術館の学芸の方とお邪魔したおりに「具象」で有名なこの大家には珍しい抽象的な表現の作品を発見した。まぎれもなく同じ作家が描いた物のようだが、めずらしい。「やはり、いろいろ描いているんですね…」そんな会話を交わした。我々は、いろいろな調査結果に、ついつい先回りして結果を予想したくなる。しかし描き続ける作家には、必然的な表現の理由が必ずあるのではないか。作家には、そこにたどり着くまでに、いろいろな試行錯誤の中、さまざまな景色が現れるのだろう。事実を調査する我々もあれこれと想像を巡らし、ようやく素顔の作品をわかりかけたとき、まさに絵が自然に近づいて見えてくるのだろう。科学的な調査の結果やデータ、それは、作家の目指す景色への必然的な積み重ねによるものだったと、その時ようやく理解できるのかも!?しれない…。(Yoshin)
f0223981_0174791.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-23 12:34
はるの色
休日、柏の国道沿い歩いていると、小さなつくしんぼう発見。萌え色の雑草に芽吹くはるの色。(Isamu)
f0223981_2332579.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-22 10:10
40周年記念
今日、ケンタッキーを食べた。ケンタッキーフライドチキンは40周年記念だという。食べやすくておいしい部位のもも肉は、まっさきに子供にに食べられてしまうので、この数年、あの部位にありつけたことがない…あこがれの部位である。我が家からも40年前の写真が出てきた。写真のデジタルアーカイブが進んでいるが、多くの施設に現存する膨大な銀盤写真や印画紙は、いまだ修復をまっている状態だ。デジタル化とともに写真そのものの処置もこれからですよ。(TAMAKI)f0223981_2355450.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2010-03-17 23:07