Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
我が国の美術品・保存と修復に関しての提言(6)
さまざまな問題を挙げてみましたが、一般家庭や民間企業等でも美術品の保管は可能かもしれません。しかし一番恐ろしいのは、何が起きているのかを気がつかないでいる事と言えるでしょう。少なくとも年に1回程度の専門家による定期点検をお勧めしたいところです。今回は、日本画を筆頭に述べてきましたが、実はこれらの「保存方法」は日本画のみならず多くの文化財に対する「一般論」に過ぎません。美術品は人間の特性がそれぞれ違うのと同様、作品固有の性質があります。それを知るには専門家に依頼して調査する必要があります。一般に美術館では設備の整った環境下での作品の定期検診や状態調査がおこなわれます。それは展示、普及、保存といった美術館の必要業務があるからにほかなりません。一般家庭や企業にこのような業務や環境作りを提案しても難しいかもしれません。しかしながら世代を超えて生き続け、後世に残すべき作品を考えるとき、過去の先達が偉大な文化財に果たして来たように、「今ここにある文化財」に対して後世へのため、我々も出来る限りの努力はしたいものです。それは良い環境を作り、与えてあげる事、即ち病気を治すことより、病気にならないようにしてあげる事が「長生きの秘訣」だからです。美術品・文化財も同様と言えるでしょう。
(Tokyo Conservation studio)
[PR]
by tcstudio10 | 2010-11-19 09:47
我が国の美術品・保存と修復に関しての提言(5)
いろいろとお話ししてきました。それでは次に、設備や環境について、具体的にもう少し考察してみたいと思います。日本国内外、災害はいつ牙をむいてわれわれはもとより、文化財にも襲いかかるかわかりません。地震や火災、洪水などに対処する環境設備を整えることは必須です。免震装置の導入、消火設備の設置、地形や土地の洪水歴の確認などを行います。また事故が、空調や消火用スプリンクラーの故障、水道管の破裂などによって起こることもあります。災害時の関係者の行動プランを専門家とともに立てておくことが必要です。
最後に、人災に関して触れてみようと思います。不適切な取り扱いは、美術品に甚大な損傷を与えるということです。まずは、額装品などは、手袋を着用して取り扱います。特に、軸物と屏風は構造上、画面に全く何も接触させずに取り扱うことはできません。絵具の摩耗や剥落を防止するために、特に日本画には必ず東洋美術品の取り扱いに習熟した専門のスタッフが行なわなくてはなりません。さらに作品を搬送する必要がある場合は、美術品専門の業者に依頼します。これらを怠ると、美術品に大きな被害を与えてしまいかねません。......
[PR]
by tcstudio10 | 2010-11-09 11:15
我が国の美術品・保存と修復に関しての提言(4)
ところで物質の劣化には経年劣化に加え、化学的な作用による変質や、物理的に変化していく傷みなどに加え、生物的な被害、いわゆるカビ、虫、ネズミなどの発生にも気を配る必要があります。特に我が国で、常に問題視されているのは、カビの発生による被害と言えます。その昔、日本人は菌と呼ばれるものと上手に付き合ってきました。害虫、被害などというと悪いことばかり挙げますが、菌を利用した食物や、お酒等、おおいに恩恵をうけてきたことも日本の風土のなかで育まれた知恵の結晶です。かびも上手につきあえば、おおきな被害を受けずに住むはずです。大切にしまっておいたはずの美術品が、気がついてみるとビッシリとカビが生えていた、また紙や絹に描かれた作品に、点状の染みが発生した、など私共の工房にも、毎年、必ず報告や修理の依頼があります。燻蒸により、菌体を殺菌する方法をはじめ、現代では修復にもさまざまな対処方法、技術がありますが、起きてしまった現象を技術で克服するより、なるべくカビの発生しない環境をつくることがなによりも大切です。それは、修復技術にもリスクや危険も沢山あるからです。転ばぬ先の杖、環境や設備、またそれら美術品やコンディションを熟知したスタッフに管理されることが、なによりも美術品を守ることにつながります。加えて「私の宝物」とえるもの、そんなものにカビは生えたりしませんよね。時々観たり、触ってみたりします。愛する心や大切に接する気持ちがあれば、カビは寄ってきませんね、忘れる、気に留めなくなる、視界に入らなくなるとやってきますよ!!
[PR]
by tcstudio10 | 2010-11-02 10:27
タイルにアート
週末、近郊の温泉で過ごす。温泉風呂の脱衣所の壁にふと目をやると、奇麗なタイルの模様に目がとまりました。繊細な植物を絵柄にしたもので…‥ではありませんで!カビの菌体でした。ゆっくりと近くまで接近し、観察。これは間違いなく、菌糸の現れたタイル!でした。でも奇麗なものですね。(TAMAKI)
f0223981_10341732.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2010-11-01 10:37