Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
28日/本年業務終了/新年6日より営業
あっというまに本年の業務終了日が来てしまいました。本当に早い一年でした。昨日は掃除して午前中で終了。今日からスタジオはおやすみを頂いております。でも本日は終日スタジオに居りました。何本かお電話頂きました。おやすみの間、もし急なご用などございましたらメールでご連絡ください。お客様の中にはお店でまだまだ営業されているところも少なくありませんね。
しかし、いそがしい1年間でした。今年はほんとうにお世話になりました。また来年もどうぞ弊社スタジオをよろしくお願い申し上げます。おーい!おやすみ中も、ブログ原稿は誰か〜書いてくださいよ〜!!スタッフへ
Tokyo Conservation 株式会社ディヴォート絵画保存修復事業部 修復室スタッフ一同 より
f0223981_2149222.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-29 21:50
松山上陸物語 14:夜の散歩
今日の作業も終わり、一人で夜の街に出てみました。ホテルから少し歩きましたが、松山城のそばまで行ってみました。上まで行くのは大変ですが。帰りにコンビニでカップラーメンでもと思いましたが
なかなかラーメン?カップラーメンが無いのです。そばうどんばかり。なぜでしょう。しょうがないのでカップそば買って帰りました。室長もシゲさんも寝てしまっているので、ちょっと一杯飲んで寝ました。。。~Suke
f0223981_22294485.jpg
f0223981_22293215.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-27 22:30
松山上陸物語 13:タルト2
さて松山で発見した栗タルトに続き、友人からの贈り物に六時屋のタルトなるものがあります。六時?とは、創業者の思いからだとか。時計で六時は長針と短針がまっすぐになることから、「まっすぐ正直な心で商売をしよう」と命名。なんかいい言葉です。いろいろなタルト食べましたが、このタルト一番おいしいような気がしています。その、あんの具合というか香りというか生地の部分もおいしいです。
ちょっと長めに松山に滞在するといろいろと見つかります。というか教えていただきました。~Shigeo
f0223981_2223333.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-25 22:24
松山出張作戦12:タルト1
坊ちゃん学習会での講義も終了し、無事に所定のプログラムを終えています。室長お疲れさまです。修復にワークショップと忙しい日でした。三人で松山市内までタクシーでの帰り道、ふいに見上げた視線に、大きなタルトの看板が。。。「松山と言えばタルトですね」「ア〜栗が入っているね〜」そうなんですね、栗入りのタルトがあるのですね。見ると路線バスの広告にも。いろいろあるんだねタルトにもと。~Shigeo
f0223981_23333091.jpg
f0223981_2333925.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-23 23:35
松山出張作戦11:坊ちゃん学習会
食事会も終わり、夜の7時から粟井小学校の企画、「坊ちゃん学習会」が開催。場所は粟井小学校の図書室です。PTAの皆様、地元の方々が参加するワークショップです。粟井小学校ではさまざまな方々を招いて、講習会などされているようです。今回は、弊社の室長による保存修復に関するスライド講義。
室長はこのような席での講習会。今回は大学などの講義や生涯教育でよく使ってきたスライド、最近の修復学会の資料など紹介しました。また、今回のメイン、八木彩霞作品の状態や修復の行程などいろいろとお話しをいたしました。長く壁にかけられていたためにホコリだらけになった作品、どのような修復処置をしたか、また今後、どのように作品の作品を飾るお話も。みなさん熱心に聞いていただきました。皆様、ほんとうに、ありがとうございます。
室長&Shigeo
f0223981_22333420.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-21 22:38
松山出張物語10/絶景とディナー
f0223981_22193188.jpg松山、粟井の浜、斉灘というのでしょうか?静かで奇麗な海が広がっています。こんな風に波の無い海ってあるんですね。美しい薄紫色が広がっています。目にやさしいですよね。まさに絶景。海というと私らの地元の芝浦か、竹芝って感じです。だいぶ違う雰囲気。東京湾とはやはり趣がね。東京湾も好きですがね。さて、浜辺には、海鮮北斗という和食レストランがあります。今日はここでディナーです。校長先生やPTA会長、役員の方々、美術館の学芸員の方、皆様にお招き頂きました。食事は旨い、まさに海鮮。鯛飯もうまかったです。話も弾みました。さて、夜も更けてきますが、このあとは室長による講演が学校で開催されます。地元の皆さんが集まります。「ぼっちゃん学習会」です。Shige
f0223981_2231026.jpgf0223981_22304275.jpg
f0223981_22302418.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-20 22:32
松山粟井出張物語9:沈む夕日
新聞社の取材も終わり、今日は夕方仕事のあと、校長先生や学校PTA会長さま、皆様とお食事会におよばれに。近くの粟井の海岸近くにあるお店に連れて行っていただきました。すると、あまりにも美しい夕日が待っていました。沈む夕日の雲の色が、オレンジ、薄紫の余りにも美しい景色でした。室長がつぶやいていました。「あ、この景色どこかで見たことない?」最近修復した作品に、坂本繁二郎がパリ時代に描いた海辺の夕日を描いた作品がありました。以前にこのブログでもご紹介させていただきましたね。まさにあの繁二郎が描いた夕日の色を思い出したと。。繁二郎の写真も入れましょう!しかしこの夕日は、ほんとうに心洗われる気がしました。。。校長先生にもご報告、すると先生曰く「あ、この辺では普通の景色ですわ〜」と!?「もっと奇麗な夕日の季節がありますよ〜」と。あ〜私たちの汚れたこころに染み入る松山の夕日の景色でした。~Shigeo
f0223981_2246764.jpg
f0223981_22455283.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-19 22:50
松山出張物語8;新聞取材
今日は、生徒さん達の見学と、愛媛新聞の方が取材が来ています。今回の作業で、小学生のみなさんに何か問題意識や、興味を持っていただくきっかけになればとおもいます。この小学校の中から将来、美術、保存修復に進まれる生徒さんもいるかもしれません。このような企画を計画された校長先生が、やはり進んだ方ですね。修復は、作品の持ち主も変わって行くように、直す人も次の世代次の世代と綿々とおわりなく続かなければなりません。子供への教育が保存の世界でも重要というか急務かもしれないですね。震災などの発生時に即座に対応できる修復家の層が日本は薄いかもしれない。しかし、剥落止め、早くしないと間に合いませんね〜。Shigeo
f0223981_22311777.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-18 22:33
松山出張物語7;剥落止めと画面洗浄
さて今日は調査も終わり「鯉」のほうでは画面のクリーニングと「石槌山」の方では細かい亀裂と浮き上がりを接着する作業が始まっています。剥落止めは私とスケさん、「鯉」の洗浄は室長が担当し、作業がどんどん進んでいます。もの凄い集中力発揮。広報担当のスケさんは、今回撮影と調査に専念していましたが、剥落止めも手伝うことに。しかしこの「石槌山」のコンディションかなりよくないですね。おまけに過去に修復された跡もある。補彩ですね。しかしはたしてこの古い補彩を除去している時間があるのでしょうか。「ねえ室長?」どうしますか。古い補彩という加筆という印象のこの彩色。剥落した所に、糊かわりに塗っているようですね。よくありますね、こういうの。よくありません。糊にもならないし、補彩ともいえない。皆さんも気をつけましょう。Shigeoより
f0223981_21114875.jpg
f0223981_21112992.jpg
[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-17 21:15
今治マフラー
愛媛に来てからの修復作業も予定どおり進んでいます。今日は愛媛で見つけた地元のよい物発見。
今治製のマフラー。これはなかなかいいですね。松山に来てから手に入れました。スカーフやマフラーよく使いますが、ちょっと長くやっていると蒸れてきます。でもこのスカーフ、さらさらして温かい。なかなかいいものですよ。聞いてみるともともと今治のタオルメーカーが作ったものらしいです。
東京でも買えるかな。まずまずセンスもいいし。あ、ネットでカラーズヴィルで検索すると出てきますよ。Shigeo
f0223981_23295757.jpg

[PR]
by tcstudio10 | 2011-12-16 23:30