Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
お問い合わせに関しまして〜調..
at 2018-09-04 17:09
八月後半のご対応
at 2018-08-22 15:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-03 16:18
保存箱のご案内
at 2018-08-02 14:16
明治時代に現れた天才・吉田博..
at 2017-08-14 20:00
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
燻蒸作業終了〜搬出
本日は天候も良く、朝から燻蒸庫へ搬出作業へ向う。東京湾岸にあるこの施設も修復スタジオのすぐそばだ。無事に燻蒸し、ガス抜きも終わった燻蒸庫を開けて搬出作業だ。
お客様夫々にご返却の作業が始まります。来週からご返却作業開始致します。
よろしくお願い申し上げます。~ISAMU
f0223981_1442440.jpg

f0223981_143491.jpg

f0223981_13591964.jpg
by tcstudio10 | 2014-05-30 13:31
今年の文化財保存修復学会での発表は。。。
毎年発表している修復学会の発表ですが、スタジオのテーマの一つでもある、戦時下に描かれた作品を修復して発表するというものです。今年は陸上自衛隊輸送学校に保管されていた旧日本軍の軍人画家が描いた珍しい作品です。武藤夜舟をご存知だろうか。いわゆる職業軍人でありながら戦争絵画を描いた人だ。日本画家に入門し、本格的な日本画の技法でさまざまな戦争風景を描き残している。
今回はこの作品の難しい修復の内容と、その作品に秘められた秘密の作戦や当時陸軍が開発し、この風景画とも大いに関係する秘密兵器も併せて発表しています。戦争画というとなにか勇ましい印象ですが、この作家の描く戦争画はどこか静かで品の良い雰囲気が漂っている。日本画だからかだろうか。修復によって奇跡的に甦ったこの作品を皆さんにも見て頂きたいと思います。Yoshin(写真は修復前の部分です)
f0223981_16534212.jpg

by tcstudio10 | 2014-05-29 16:54
本日燻蒸企画実施!
本日はお預かりした皆様の大切な作品を燻蒸庫へと移送。間違えのないように燻蒸庫に運び入れました。庫内には作品がいっぱい。週末に燻蒸庫内から搬出致します。
f0223981_1619282.jpg

f0223981_16185925.jpg

f0223981_16185041.jpg

by tcstudio10 | 2014-05-26 16:19
収蔵品の調査と修復
現在、美術館や大学にお納めする作品の修復に携わっております。一人の作家の作品を10点、また50点など大量に処置していると様々な事が分かってきます。作品を描く手順や、技法材料、また表れる症状との因果関係も分かる事が少なくありません。でもなかなか難しい問題もあります。カビや変色等様々なコンディションと戦いながら修復作業が進みます。
f0223981_1242191.jpg

by tcstudio10 | 2014-05-07 12:04
ニューヨークから到着!
ブログは、年度末からの仕事があまりにも忙しく、ちょっとさぼってしまいました。新年度、また新しいニュース等もお知らせします。もうすぐ修復学会ですね、そのご報告もさせて頂きます。
さて新年度を迎え、工房では材料その他、新しくしています。今日はニューヨークからリタッチ用の絵具が届きました。修復には、作品の性質によっていくつかの種類の絵具を使用して補彩をおこないます。いま、たくさんの作業を抱えているので繪具の減りも早いような気がします〜。isamu
f0223981_11251526.jpg

by tcstudio10 | 2014-05-01 11:27