人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Tokyo Conservation twitter Tokyo Conservation facebook Mail to Tokyo Conservation

絵画の修復工房から発信するスタッフブログ
by tcstudio10
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
西日本被災絵画の修復について
at 2020-11-07 23:20
謹賀新年
at 2020-01-03 20:55
紙本修復部門再開について
at 2019-06-18 16:33
愛媛県内子町に滞在・上岡美平..
at 2019-05-19 14:50
修復は続く
at 2019-04-11 16:44
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2020年 11月
2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
油彩画のコンディション観察講座 4 「板は狂う?」
ブログでは、絵画の支持体についていろいろと話しています。今回は木製の板についてちょっとアドヴァイス。板絵の反りや歪みは、たまにあります。皆さんも経験があるあると思います。長い時間に大きく狂った、反り上がった板は修正も難しい。板を樹から切り出す際の場所に寄って狂いやすい所と狂いが来にくい場所等ありますね。また、一般的には環境、温度や湿度も大きく関係してきます。「板絵が反ってしまいまして…」と時々お問い合わせもいただきます。その対処にはいろいろありますが、簡単ではありません。あっという間に反ってしまう事もあり、また、あっという間に狂いがもとに戻ってくる事もあります。とりあえず、新しく購入した作品等がみるみる反ってしまった場合は、あわてずに、おちついて様子を観る事も大切です。温度湿度の度変動の少ない部屋を用意してちょっと「様子をみる」ということもかなりの秘訣。本格的な対処には、修復工房にご相談ください。
*板の反りに関わらず、事故や急激な作品の変化には、ついつい何かをしてしまいそうになりますね。その初期の対応が、その後の修復の出来映えさえも大きく左右してしまうこともありますから、くれぐれも手は下さず、工房へお持ちください。(Isamu)油彩画のコンディション観察講座 4 「板は狂う?」_f0223981_142648.jpg
# by tcstudio10 | 2010-04-06 14:26
油彩画のコンディション観察講座 3 「キャンバスの裏には?」
絵の支持体にはキャンバス、板、紙等いろいろあります。変った物では古くから金属等もあります。画面から観ていると、どの程度古い物か、なか分からない物もありますが、裏返してみるとギョットするほど傷んでいたり、酸化して褐色に変色していたりする光景が現れたりもします。でも時々、あれっと思うほど奇麗な裏側と出会うことだってあります。それは保管が良かったり、または、キャンバスなど裏打されていたりすると画面に比べて、小奇麗な麻布であったりします。裏打ち布も傷んでいると、分かりにくい物もありますね。古い作品だと、木枠の縁に紙のテープ等が張り巡らされていたりします。テープは縁を傷めないように養生する目的で貼られてもいますが、テープの存在が、裏打されている事を分かりにくくしている場合もあります。スタジオでも、古画の縁にテープが貼ってあり、それを剥がすと画面の縁から、作品が切り取られ、新しい布に貼付けられていたりする事例等、ありました。(写真は18世紀に描かれた作品の裏側です。縁から切り取られ、裏打されていました)これは近代絵画でも比較的良くあるケース。
ヨーロッパでは、油絵も紙もけっこう頻繁に裏打していたようですね。まあ、裏を観ると分かりますが、画面の美しさにばっかり注意が集中していると、ついつい裏側のコンディションを把握する事がおろそかになりますね。画面が気になる分、同じ時間をかけて絵の裏側もよく見て、それから縁、側面のマージンの部分も含めて観てみてくださいね!(Yoshin)油彩画のコンディション観察講座 3 「キャンバスの裏には?」_f0223981_10285680.jpg油彩画のコンディション観察講座 3 「キャンバスの裏には?」_f0223981_10311313.jpg
# by tcstudio10 | 2010-04-05 08:00
牛丼・海・どさんこラーメン
この数年真冬には、すっかり行かなくなりましたが、久しぶりに海に行きました。。冬眠から覚めた小太りのオヤジ三人で、朝早くから車に乗り、くだらない話しをしながら、お決まり牛丼を早朝から、ガッチリ食べ海に向けて走ります。今日の波は、スネ、セットモモという、スモールコンディションでしたが、冷たい海に3時間入り、物足りないながらも、久しぶりの海を楽しみました。(Sigeo)
牛丼・海・どさんこラーメン_f0223981_15233279.jpg

# by tcstudio10 | 2010-03-31 06:00
八王子ラーメン
週末にやっと、つけ麺を食べにいきました。カウンターに座りましたが、
いざ写真を撮ろうとしましたが、ちょっと恥ずかしかったです。
いきなりストロボが光り、響きわたるシャッター音で、ちょっと
微妙な感じの雰囲気。慌て撮ったので、スープの中にたまごや具が沈んでしまいました。
いつもこってりラーメンを好んで食べていますが、あっさり味のこのつけ麺は
なかなかいいです。幼いころからいろいろな種類のラーメン食べていますが、
行き着く所はやはり八王子ラーメン。刻みタマネギ、表面の油、また醤油ベースという
のがお約束なのです。(写真は、こってりつけそば大盛り750円)
詳しくは、八王子八麺会までアクセスしてください。
(Shigeo)八王子ラーメン_f0223981_2246973.jpg
# by tcstudio10 | 2010-03-29 22:46
油彩画のコンディション観察講座 2 「怖い酸化」
ブログで、時折、洋画の状態の観察のコツをお伝えしています。コレクターの方々に取っては、ちょっと「怖い話」ですよね。お持ちの作品を一度ご自分でも確かめてみてください。わざわざ専門家に見せなくても、ある程度の予防や、対策の指針になります。洋画の状態からお伝えしていますが、版画や日本画、または額の状態等、順次お伝えできればと考えております。
まずは「洋画、油彩画」。そして支持体からです。支持体から絵具層やワニスに関する事など、ブログでお伝えできる範囲ですが進めていきたいです。支持体は絵を支えている部分。カンバスでいう、木枠や麻布、板絵でいう板の部分です。絵はその上に描かれていますから。ところが絵によっては支えているはずの布や板より絵具が分厚い作品もあります。絵具か、カンバスや板のどちらが支持体?か分からないようなケースもあります。
さて今日のケースは、酸化した麻布です。物質の酸化は免れません。仕方ないかもしれない。とくに絵は経年に寄って傷みます。写真の麻布は、50〜60年以上は経っているでしょう。指で簡単に破けるほどの強度になってしまいました。焦げ茶に変質した麻布です。さらにタックス、これは布を張り込んでいるクギですね、これも酸化して錆びています。錆びた物を放っておいていいはずがありません。やがて布地に影響を与え、布も破れてしまうかもしれません。酸化した麻布も、張りの緩みや木枠擦れなども招きます。このような症状を発見したら、まず要注意。(Yoshin)油彩画のコンディション観察講座 2 「怖い酸化」_f0223981_10402668.jpg
# by tcstudio10 | 2010-03-29 10:41